キオクノート

音楽聴いたり、本を読んだり、ときどき調べたり。

RDSサーバのCドライブ空容量が減少→WERxxxx.tmp.hdmpのサイズを落とす方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - RDSサーバのCドライブ空容量が減少→WERxxxx.tmp.hdmpのサイズを落とす方法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

リモートデスクトップサービス(旧ターミナルサービス)で使用しているサーバで、やたらとディスク容量が減ってきている。でも、ユーザはデータ保存はほとんどしていない…。

そこでファイル検索したところ、WERxxxx.tmp.hdmpという200MBを越えるファイルが各プロファイルにありました。

これは何かというと、Windows エラー報告 (WER)のダンプファイルです。

あまりにも大きいので、減らすか削除できないものかと。で、下記がその手順です。要するに、「問題レポートの設定」を無効にします。

環境

Windows Server 2008 R2

手順

[コントロールパネル] -> [アクションセンター] -> [アクションセンターの設定を変更] -> [問題レポートの設定] を開きます。

「解決策を確認しない (推奨しません)」を選択し、[OK]をクリックします。

数分待ったあと、再度検索すると、ファイルサイズが落ちていることを確認できます。

追記(2012/07/06)

上記の設定では、ログインしているユーザのみに摘要されるようです。下記で全ユーザに摘要することができます。

下部の選択肢、「すべてのユーザーのレポート設定を変更する」をクリックします。

「解決策を確認しない (推奨しません)」を選択します。

選択肢がグレーアウトします。

参考

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">