キオクノート

音楽聴いたり、本を読んだり、ときどき調べたり。

Active Directoryで、本当にレプリケートされているか確認する(repadmin)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Active Directoryで、本当にレプリケートされているか確認する(repadmin)
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

「Active Directory サイトとサービス」で、[今すぐレプリケート]をした場合に、下記のメッセージが出ることがあります(というか、ほとんど毎回出る)。

これらの Active Directory ドメイン サービス接続のうち、1 つまたはそれ以上はほかのサイトのドメイン コントローラー間の接続です。Active Directory ドメイン サービスはこれらの接続間でのレプリケートを試みます。レプリケーションの検証に関する詳しい情報は、ヘルプとサポートを参照してください。

今すぐレプリケート

本当にレプリケートが正しく行われているか確認するには、repadminコマンドを使用します。

C:\Users\user>repadmin /showrepl

Repadmin: フル DC DC01.pdc.i2ts.com に対してコマンド /showrepl を実行しています
place01\DC01
DSA オプション: IS_GC
サイト オプション: (none)
DSA オブジェクト GUID: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
DSA 起動 ID: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

==== 入力方向の近隣サーバー======================================

DC=pdc,DC=i2ts,DC=com
place01\DC03 (RPC 経由)
DSA オブジェクト GUID: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
2012-04-03 10:02:25 の最後の試行は成功しました。
place02\DC02 (RPC 経由)
DSA オブジェクト GUID: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
2012-04-03 10:30:55 の最後の試行は成功しました。

と、「最後の試行は成功しました」と出ていれば問題ないでしょう。
逆に失敗の場合は、下記のようになります。

C:\Users\user>repadmin /showrepl dc01

place\DC01
DSA オプション: IS_GC
サイト オプション: (none)
DSA オブジェクト GUID: a8d827a7-3273-4553-a1f5-55675e2697cf
DSA 起動 ID: 191d4b15-aedb-41bc-92f6-750c5f4b9537

==== 入力方向の近隣サーバー======================================

DC=test,DC=local
place03\DC04 (RPC 経由)
DSA オブジェクト GUID: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
2012-04-03 10:25:31 の最後の試行は、失敗しました。結果は 1722 (0x6ba):
RPC サーバーを利用できません。
80 回連続で失敗しました。
最後に成功したのは 2012-04-02 14:24:26 です。

ソース: place03\DC04
******* 2012-04-02 14:24:27 以降 80 回の連続のエラー
最後のエラー: 1256 (0x4e8):
リモート システムは利用できません。ネットワークのトラブルシューティ
ングについては、Windows ヘルプを参照してください。

この例は、ドメコンをネットワークから切り離した場合です。

, , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">