キオクノート

音楽聴いたり、本を読んだり、ときどき調べたり。

Windows 2008 R2からBuffalo TeraStationへrobocopyを実行する

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Windows 2008 R2からBuffalo TeraStationへrobocopyを実行する
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

Windows 2008 R2からBuffalo TeraStationへrobocopyを実行すると、毎回毎回「より新しい」となり、つまり全部コピーしなおしていました。

原因

  • TeraStationはWindowsではなくて、sambaで動作している。
  • sambaはいわゆるFATみたいな動作をするみたい(sambaというか、ファイルシステムがEXT3かXFSいずれかのため?)。
  • FATのタイムスタンプは2秒刻みらしい(NTFSは100ナノ秒単位)。

対処方法

ってことは、robocopyをFATで動作するようにすればOK、つまり「/FFT」オプションを付加すればOK。

“robocopy” “バックアップするフォルダ/データ” “\\TeraStation\バックアップ先フォルダ” /MIR /Z /R:1 /W:1 /FFT

一応、タスクスケジューラで動かしてしまうと、不具合が起こったタイミングとかもわかりづらくなるので、コマンドの実行結果を「c:\backup\log」に「log_日付.log」というrobocopy実行ログを保存するようにしてます。※イベントログに記録しろよって?

“robocopy” “バックアップするフォルダ/データ” “\\TeraStation\バックアップ先フォルダ” /MIR /Z /R:1 /W:1 /FFT > c:\backup\log\log_%date:~0,4%%date:~5,2%%date:~8,2%.log

参考

 

, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">