キオクノート

音楽聴いたり、本を読んだり、ときどき調べたり。

Outlookのメッセージ形式 – HTMLとリッチテキストの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Outlookのメッセージ形式 – HTMLとリッチテキストの違い
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed

※今回はOutlook 2007を使用しました。

Outlookで送信時のメッセージ形式は3つあります。

  • テキスト
  • HTML
  • リッチテキスト

ここのところ

で、「HTML」と「リッチテキスト」の動作の違い、特に添付ファイルの動作の違いが謎だったので、調べてみました。

Zipファイルを送信ウィンドウにドラッグ

HTML

「添付ファイル」として送信される。

リッチテキスト

テキスト部分に張り付く。

画像ファイルを送信ウィンドウにドラッグ

HTML

「添付ファイル」として送信される。

リッチテキスト

テキスト部分に張り付く。

画像ファイルを挿入->図 から添付

HTML

テキスト部分に張り付く

リッチテキスト

テキスト部分に張り付く。

Excelファイルを送信ウィンドウにドラッグ

HTML

「添付ファイル」として送信される。

リッチテキスト

テキスト部分に張り付く

添付したExcelファイルを送信前に更新

これを検証してみた。

リッチ テキスト形式の特徴として、Excel や Word などのファイルをオブジェクトとして挿入した場合に、挿入した元ファイルの情報を更新すると、挿入先のオブジェクトも一緒に更新される “リンク オブジェクト” 機能があります。

メッセージの形式を “テキスト形式”、”HTML 形式”、または “リッチ テキスト形式” に切り替えてみよう (Microsoft サポート)

HTML

添付ファイルは更新されない。添付時点のまま。

リッチテキスト

添付ファイルも更新される。便利じゃん…。

まとめ

添付ファイルが自動で更新されるのは便利です。それ以外は、、、どうなんでしょうか。受け取った側が閲覧できない可能性も考えると、HTML形式が無難ってこと、か。

参考

, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt=""> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">