キオクノート

音楽聴いたり、本を読んだり、ときどき調べたり。

ドラマ『家族ゲーム』第10話 (最終回)

総評。 沼田家はこれまでに受けもった家族の中で、最低の家族だった。 その印象は今でも変わらない。 自分を悲劇の主人と勘違いしている登校拒否児の次男。 優等生を演じながら、裏で他人を傷つけている長男。 家庭を顧みず、メンツ […]

『やりがいのある仕事という幻想』森博嗣

仕事というものは、今どんな服を着ているのか、というのと同じくらい、人間の本質ではない。 まえがき 自分の人生なのだし、自分の幸せのためではないか。だったら、自分で本当に良いと思うものを信じる方が良い。信じるものがわからな […]

『カミングアウト』高殿円

女の人は怖い。 こうあるべきだと、勝手に相手のことを決めてしまう。結婚とはこうあるべき、幸せとはこうあるべき、お金があって、ゆとりがあって持ち家があって… それを全部自分にもたらしてくれる、力強い男を求めている。 骨が水 […]

『レインツリーの国』有川浩

痛みにも悩みにも貴賤はない。周りにどれだけ陳腐に見えようと、苦しむ本人にはそれが世界一で一番重大な悩みだ。救急車で病院に担ぎ込まれるような重病人が近くにいても、自分が指を切ったことが一番痛くて辛い、それが人間だ。 「ごめ […]

『桐嶋、部活やめるってよ』朝井リョウ

時間つぶしに文庫本を読んで、そのあとにDVDをレンタルしてきて観ました。 感じるところがあったし、好きな作品だし、どうも抜粋する言葉がなかったので、たまには感想に近いものを。 ちょっと人別に(小説ベースです)。 菊池 宏 […]

メール誤送信対策 (Outlook版)

「間違って別の人にメールを送ってしまった!」などは、どんなに気を付けていても起こってしまいます。ここでは、Outlookで可能なメール誤送信対策設定をご紹介します。 どちらかというと、ビジネスマン向けのものになります(学 […]

, , ,

ドラマ『家族ゲーム』第5話

この家族という存在。実に煩わしい。 なぜなら親のしつけや教育が人格形成に大きな影響を及ぼすにも関わらず、その親を自分で選ぶことができないからだ。 つまり、生まれながらにして、平等ではないといえる。   たとえば […]

ドラマ『鈴木先生』

暇で暇で…連休中に全部見ました。 他者を批判することで、自らを正当化する者の、なんと多いことか。 自分の意見を押し付けようと躍起になり、相容れない意見は、相手の人格まで否定する者の、なんと多いことか。  ドラ […]

『家族ゲーム』本間洋一

ドラマがやっていたので。 ああ、やっぱりね、おれ、何とかしてあげたいけど、一時的に強制しても、同じことなんだなあ。・・・・・結局、家庭という枠のなかでね、それぞれの人たちが、互いに作用し合って、生きてきて、その結果、茂之 […]

(名言)リクルートエージェント電車内広告

相手が変わることを期待してはいけない。 自分が変わるんだ!

Previous Posts